珠洲焼・創炎会のブログ


篠原敬 個展

篠原敬氏の珠洲焼は、

端正でありながら、どこか官能的、

存在感を持ちつつも、主役を花に譲る。

無彩色でありながらも、

やんわりとした色を感じさせる。

その珠洲焼が2年ぶりにやってくる。

今年はどんな進化を見せてくれるだろうか?

期間:2019年7月5日(金)~10日(水)午前11時~午後6時(会期中無休)

会場:Gallery颯(金沢市田上)

https://www.g-sou.com/


珠洲焼 篠原敬展

中世日本化文化を代表する珠洲古陶。

奥能登で生まれ、長い眠りの時を経て現代によみがえった、

優美で気品あふれる、焼締黒陶の数々をぜひご高覧下さい。

2019年の新作とともに、皆様のご来場をお待ちしております。

期間:2019年6月19日(水)~27日(木)

会場:日本橋三越本店 本館5階 特選和食器


中山達磨 陶展

珠洲焼の復興に尽力された中山達磨さん。豪快でありながら繊細で土の量感を伴った姿の美しい作品です。

ご覧いただけます様ご案内申し上げます。

期間:2019年6月6日(木)~18日(火)10:00-18:00(最終日16:00)

会場:ギャラリー ノア(白山市番匠町235-5)

http://gallerynoa.jp/


山田睦美 珠州焼展朦朧

石川県能登半島の先端、珠洲市に伝わる珠洲焼という陶器があります。無釉である焼き締めと、全体に黒灰色の焼き上がりが特徴的な焼き物です。今回は表面に化粧を施し、白から黒のグラデーションの表現に挑戦してみました。人間らしい曖昧さや自然の怪のようなつかみどころのない魅力が表現できたら。是非ご高覧下さい。

期間:2019年6月18日(火) - 7月7日(日)

会場:アートン アートギャラリー(京都市中京区三条高倉 京都府京都文化博物館別館)

http://www.arton-kyoto.com/


珠洲焼復興40周年記念 篠原敬 中山達磨 山田睦美 展

期間:令和元年5月17日(金)~23日(木)会期中無休

開廊時間:午前11時~午後7時(最終日23日は午後5時まで)

場所:柿傳ギャラリー(東京都新宿区3-37-11 安与ビルB2階)

https://www.kakiden.com/gallery/

 


能登の工芸展

はこだて工芸舎主催の工芸展は今年で16年目になります。今回は江戸時代から北前船の交易で北海道と関係の深い能登の工芸品を紹介します。道南江差市は珠洲市と友好都市でもあり、函館市民にも先祖が能登出身の人も多くおります。輪島塗や珠洲焼、七尾の和ろうそく、和紙や能登上布などの工芸品を展示販売いたします。能登カフェも開催します。

 

日時 平成31年(2019)2月27日(水)~3月5日(火)

   午前10時~午後2時

場所 函館市地域交流まちづくりセンター2階フリースペース

   (北海道函館市末広町4番19号)

珠洲焼出品者 篠原敬、山田睦美

問合せ はこだて工芸舎(TEL 0138-22-7706)

    http://blueboxcraft.com/


いしかわの工芸「匠」ニューウェーブ展

石川県の若手工芸作家・職人の作品を一堂に展示しました。珠洲焼からは清水武徳さん、木澤孝則さん、山田睦美さんの3名が参加しております。

期 間:平成30年12月11日(火)~平成31年1月21日(月)

    午前9時~午後5時、入場無料

場 所:じばさんギャラリー(石川県地場産業振興センター本館1F、石川県金沢市鞍月2丁目1番地)

主 催:(公財)石川県産業創出支援機構

後 援:石川県、金沢市、珠洲市


珠洲焼 篠原敬 展

平安・鎌倉・室町時代に能登半島の先端で栄えた珠洲古窯。現在、珠洲焼としてよみがえった焼締黒陶は、そのフォルムと独特の気品で見る人を魅了する。中世からいまへ、奥能登の移りゆく四季の懐から生まれた、自然釉・灰被り・火襷などの作品をご高覧ください。

期間 2019年1月23日(水)~29日(火)10:00~20:00(最終日は17時閉場)

会場 松屋銀座7階遊びのギャラリー

   東京都中央区銀座3-6-1 TEL 03-3567-1211(代)


大野屋-とこなつのうつわ展-山田睦美

大野屋創業180周年記念作品展「大野屋-とこなつのうつわ展-」が開催されます。

期間 2018(平成30)年11月23日(金)~27(火)

   OPEN 10:00~CLOSE 17:00 ※最終日は16:00

場所 ギャラリー樫亭(富山県南砺市福野1328-1)

   電話0763-22-2874

お問合せ先 大野屋(info@ohno-ya.jp  電話0766-25-0215)

出品作家 小原好喬、片山亜紀、鴨下蓉子、田中早苗、田淵太郎、新里明士、西川美穂、村田佳彦、森つくし、山田睦美(珠洲焼)

賛助出品 片山諭志(書)、宮﨑岳志(染)、宮﨑めぐみ(銅版画)


第5回 能登 ものづくり展(中山達磨)

能登では輪島塗や合鹿椀、珠洲焼など伝統的な工芸品が生まれ、そして今でも継承されています。中谷家を舞台にした「里山ミュージアム」として、能登にちなむ作家たちの作品展示会を開催し、伝統的な芸術や現代アートの文化を発信しています。

緑あふれる里山の空気を吸いながら、美味しい手打ち蕎麦を味わいながら、中谷家で心豊かな一日をお過ごしください。

 

会 期 2018年10月7日(日)~14日(日)  10時~17時

    ※入場無料

場 所 天領庄屋中谷家(石川県鳳珠郡能登町黒川)

    https://www.noto-nakatanike.com/

出展作家 大宮静時(合鹿椀/工芸家)

     中山達麿(珠洲焼/陶芸家)

     赤木明登(ぬりもの/塗師)

     大江政子(ハンドメイド布バッグ)

     榎本玲子(草木染/染色家)